2017年3月13日に南インドのマイソールにて、井上英樹はカザフスタンのヨガスタジオで
MYSORE YOGA ALMATY」を主催するSandiさんよりインタビューを受けました。
そして、貴重な内容ということで、日本語・英語・ロシア語の3カ国で訳していただきました。
関わって頂きました皆様、本当に感謝しております。ありがとうございます。

=========================

原文日本語 | インタビューページ

Original English | Interview page

原文ロシア語 |Interview page


=========================

INTERVIEW HIDEKI (JAPANESE)
Hideki Inoue
photographer: Arman Zhenikeyev
 


Q: Hidekiさんは毎日決まったルーティーンを順番通りに行うのが好きだと聞いています。その理由は何ですか?

24時間365日という限られている中で、自分が一番大切にしているものは何か。まず余計な情報を入れないことで、自分の身体の中やマインドの中をクリアにする。僕が大切にしているのは朝起きて歯を磨いて、シャワーを浴びて、メディテーションを20分から30分始める。それでチャンティングをして、コーヒーもしくは白湯(季節や体調によって変えている)飲んで、練習に行く。それは、マイソールにいても日本にいても同じルーティーン。太陽の出てくる時間は決まっていて、時差が多少あったとしても、そのエネルギーに自分も合わせて同じ波に乗る。そうすることでエネルギーと生きるヒントをたくさんもらえるから、このルーティンを続けているだけ。人生はクリエイトすることだと思っていて、その創造された自分が生かされている中で何を創造するか、自分が決めてるんじゃなくて、与えてもらっている。それが自然の流れ。アサナの時間はエネルギーの時間、エネルギーのギフト、だからそれを大切にしている。

Q: ルーティーンは無意識で行っているのですか?それとも意識的に始められたのですか?

アシュタンガヨガの練習を始めて10年目に入り、こういうルーティーンを無意識でやり始めて6年目くらい。人間には教育があって、小さい時から朝起きたら親から歯を磨きなさいと言われたり、学校に行けば「起立、きょうつけ、令」ってみんなで行う、日本にはそういう文化がある。剣道をずっとやっていたんだけれど、始まる前にはチャンティング(道場訓)があった。要は正すことによって一度そこに自分の意識が向かうことを大切にしている。いつも世の中が混乱しているのと同じように、人は誰しも自分の脳みその中が混乱していると思う。その混乱している脳みそを整理整頓するために、ルーティーンを作って行うことを大切にしている。

Q: 英樹さんは周りに影響されずにいつも穏やかですが、それはルーティーンを行って精神を整ているからでしょうか?

今回のマイソール滞在で自分の中で大きな変化を感じたのは、ヨガのプラクティスは大きな木になる土台作りをすることだってはっきりしたこと。大きな木になるためには土の下に根を張っていかなければならなくて、それが完成されるまでには時間がかかる。ヨガのすばらしさは、アシュタンガヨガのすばらしさっていうのは、実践をすることで自分の成長を少しずつ知ることができる。「石の上にも3年」っていう言葉は自分は好きじゃなかったけれど、やっぱり続けることはすごく大切。するとマインドが落ち着いてきて根を張ることができる。上に伸びてどんどん色んなものをキャッチすることはみんなが得意なこと。でも根を張ることは誰しもが苦手にしていること。僕らはぱっと見たものだけにフォーカスする。グランドの根を見ていないから、いつもモンキーマインドだし、人をみて判断するし、その人の中の根っこの部分を見ようとしない。同じように自分自身の奥底にあるものを知ろうとしない。それを知ろうとさせてくれるのが瞑想だったりチャンティングだったりアサナプラクティスだったり、八肢則の一番最初のヤマニヤマ、グルジも伝えているれどそこも大事にすることが結果に結びついていく。

Q: ヨガのアサナプラクティスで私たちはいいエネルギーを受け取り、それを他の人にもシェアしていると思います。エネルギーの循環について教えてください。

木とかお花に水を与えても与えなくても、何も言わないよね。僕はそれが大好きで 、お腹が空いたら、ただしょぼんとなって水を与えれば元気になるし、何もしなければ腐っていく。それは家の花だったりするけど、 外の木たちも自然のエネルギーの中で生かされている。雨が降ったらどんどん育っていくのと一緒で、この自然たちが僕たちに生きるエネルギーをくれている。太陽が出て水が出てその循環があって、自分ができることはヨガの素晴らしさを伝えること。彼らが与えている自然のエネルギーは偉大すぎて素晴らしすぎる。それに気付けている人たちは少ない。だから同じように人に伝えることもきっと時間のかかることだし、労力をいっぱいかけなきゃいけない。今は自分の知識を万全に伝えることができない。 太陽と月はいつも万全。その同じぐらいのエネルギーを、感覚を持てるぐらいの生き方をしたいなと思って。それが分かった時にそれを伝えたら、賛同できる人はきっと理解してそれを伝えていくだろう。シンプルな生き方を学んで 伝えたいだけ。

Q:Hidekiさんにとってパランパラ(Parampara)とは何でしょうか?

グルパランパラっていうのは教育、知恵、叡知(wisdom)、それを僕らは小さいときから教えられてきて、まずは親がグルパランパラ。いろんなシチュエーションのグルパランパラがあって、学校では先生が、部活動では師が、社会に出れば社長がいて、それがグルパランパラ。でも本当のグルパランパラっていうのは、親の教育と一緒だと僕は思っていて、社会に出たらそれを導いてくれる人、自分の行きたい方向・行く方向を導いてくれる人、それは言葉で教えてくれるのではなくて、ただ在るだけ。テクニカルなことでは全くなくて、世の中のこの宇宙のエネルギーのグルパランパラは太陽。グルジ(シャラート)もカンファレンスでお話されていたけれど、そのグルパランパラの中でちゃんと惑星が調和をとって、地球が滅びることなく生かされている。僕らのグルパランパラっていうのは確かにグルジがグルパランパラ。でもグルジは何を教えてくれるわけでもなく、ただいるだけ。こっちも何かを求めるのではなく、ただそこに規律正しく在るだけ。太陽も言葉を発するわけでもなくただいるだけ。グルもそこにただいるだけ。そこに自分が気付かされていくだけ。それは自分の心だったり身体だったりマインドだったりにスペースがないと出来ない。そのスペースを作るためにルーティーンがあって、ただシンプルに生きることができる。グルパランパラってどこの国とか街にあるとかないとかではなくて、既にあるもの。それに気付くか気付かないかは、自分の意識(consciousness)に働きかけることが大事。この太陽のエネルギーの中で調和をもって生かされていることが、大きな意味でグルパランパラだと思う。

Q: カザフスタンの生徒のみなさんに何かメッセージはありますか?

カザフスタンの生徒たちは、ピュアな気持ちでヨガに取り組もうとしている。僕は出会った人たちすべてに、自分が与えられた物事に対してベストを尽くすだけで、それには情熱が大切だと思っている。朝プラクティスをするのと同じで、何か特別なことではなくて、みんなとプラクティスをしているような感覚でティーチングをしている。みんなに何かメッセージを贈るとするならば、いつもうららかな時間が流れているのと同じように、練習を続けてくれたらいいね。練習の在り方は自分で探せばよくて、keep practiceが大事。ヨガはアサナだけじゃなくて、24時間365日ヨガだから、そのプラクティスをして下さい。ぜひ!いっぱい気付くことがあるから。グルジが伝えるように、準備が出来たらそれはやって来るわけで、自分の身体の中にスペースを作っていれば、色んなシチュエーションであなた自身で気付けるはず。自分の脳みそに、身体にスペースを作ってあげることが大事。アサナプラクティスもそのためのプラクティス。

インタビュー日時:2017年3月13日 場所:インド・マイソール           
インタビュアー:Sandi Rakh, 佐久間 有紀
Special thanks to Naho Aoki and Yuko Yokoyama.

_________________________________________
ENGLISH 
 

some words from Mysore to Almaty

 

I admire this simple fact that trees and flowers never complain if they do not get water. They get healthier or weaker, even go bad depending on the circumstances. This may only apply to indoor flowers, but outdoor plants also survive in a natural flow of energy. Nature like this gives us good energy in our lives endlessly, like as they grow faster when it rains. What I can do, in this cycle of natural energy, is to teach yoga, sharing how precious this teaching is. 

 

Q:We hear that you like to follow a specific daily routine. Can you tell us why?

 

What do you value most in a limited time we have, 24 hours a day and 365 days in a year? It is important for me to keep myself purified inside out by staying away from overloaded information. When I wake up, I brush my teeth and take a shower. Then I meditate for about 20 to 30 minutes. Chanting comes after that, and I drink coffee or hot water (depending on the season and condition). This is my fixed routine before asana practice and it never changes whether in Mysore or Japan. The sun rises at its perfect timing every day, although there is a time gap depending on where you are right now, so I try to get on the same energy flow as the sun. This way, I can receive good energy and beautiful tips of life. That’s why I keep doing my daily routine. I believe that life is creative and we are made to create something. This is given and it is a golden rule of the nature. Asana practice is a time for energy and a gift from energy. That’s why I follow my daily routine and keep asana practice to have space for positive intuition and good energy from nature.

 

Q:Did you start your daily routine unconsciously or consciously?

 

It’s been 10 years since I started practicing Ashtanga yoga and it’s been about 6 years since I took up my daily routine unconsciously. We, human beings, have education. For example, in Japan, parents teach their children to brush their teeth when they wake up. At school, we are taught to follow rules like “All rise, Attention, and Bow” as a group, which is a culture we have. I was practicing Kendo when I was young and we chanted Dojokun (道場訓) before class. My point is, that it is essential to bring our attention to one point before practice.  Our mind is always busy and confused, and the world is chaotic all the time likewise. To clear this up, I follow my daily routine.

 

It seems like that you do not get influenced so much by your surrounding conditions.

 

Q:Is this because your daily routine keeps your mind calm?

 

The biggest realization I had on this trip (Mysore, India/March 2017) is that yoga practice is all about building foundation to become a big tree. It is vital to have good roots underneath the ground, in other words, to make yourself grounded firmly, and this process takes a long time. What makes yoga practice, Ashtanga yoga practice, special is that we can learn about ourselves through daily practice. I did not like the phrase “Patience is a virtue” but I understand it now. Persistence is important in practice and it helps our mind stay calm and steady. Then we can build good foundation in ourselves. Everyone is good at chasing or achieving further as much as they want. However, making yourself grounded is not everyone’s favorite thing to do. We just focus on what we see with our eyes. We have monkey minds and we often judge others because we do not really pay attention to the roots they have. In the same way, we do not try to see what we have inside or go inward. It is through mediation, chanting, asana practice, Yama Niyama from Eight Limbs as Sharathji repeatedly tells us, that we become to realize what’s deep in there within ourselves.

 

Q:We create and receive positive energy from asana practice and share it with others in a variety of ways. Can you explain this cycle of energy?

 

I admire this simple fact that trees and flowers never complain if they do not get water. They get healthier or weaker, even go bad depending on the circumstances. This may only apply to indoor flowers, but outdoor plants also survive in a natural flow of energy. Nature like this gives us good energy in our lives endlessly, like as they grow faster when it rains. What I can do, in this cycle of natural energy, is to teach yoga, sharing how precious this teaching is. The scale of energy the nature gives us is beyond measure. Not so many people understand it yet. Therefore, it may take time as well as it needs a lot of efforts to share and get good understanding of it from people. I am not ready to pass on this fact fully. The Sun and the Moon are always ready and full of energy. I would like to be like them, to be able to share such amount of energy or have a sense like that. When I fully understand and ready to share it, people who agree come along and start sharing what they understand. This is a cycle of energy and I just want to follow simple way of life and share it with others.

 

Q:What does Parampara mean to you?

 

Guru-Parampara means education, knowledge, and wisdom, all of which we keep learning at different situations since our childhood. Our first Guru-Parampara is through our parents. At schools, it is through teachers. At club activities, it is through coaches. When you graduate from school and start working, it becomes through senior workers/presidents at a company you work. But in a true Guru-Parampara, you are guided towards right direction, only by its presence, not through a word. It is the same education system we have from our parents. Guru-Parampara is not technical at all. Our Guru in this world, in the universe, is the Sun. As Sharathji told us in the conference, that our earth survives in this Guru(the Sun)-Parampara thanks to the harmony our galaxy creates. In this Ashtanga practice, when we talk about Guru-Parampara, it refers to Sharathji. However, he does not overly teach us. He is just there, and we are just here to learn from his presence. The Sun does not speak a word, in the same way our Guru is just there. Realizing this fact is part of our practice. To get there, we need a space in our body and mind. My daily routine helps me to create a space for it and I can live my life simply. Guru-Parampara exists everywhere in every city and every country. It depends on how much you are aware of your consciousness if you realize this fact or not. I believe that our Guru-Parampara in a bigger scale is to live in a harmony with the great energy of the Sun.

 

Q:Please leave a message to students in Almaty.

 

It appears to me that students in Almaty practice yoga from pure heart. What I am trying to do is to do my best for all the opportunities I am given, for everyone I meet. I feel that it is important to have passion while I am walking on my path. I teach in the same way I practice. Nothing special. If I leave a message to you all, I hope you keep practicing in the same way peaceful moments always come to you throughout your life. You can find your most suitable way of practice. Yoga is not just asana. It is 24 hours and 365 days. I hope you keep this idea in your mind. I am sure that there is a lot to learn from this. As Sharathji tells us, if you are ready, all is coming. So, keep practice and have space in your body and mind. Asana practice is a practice for it.

 

Date of Interview: 13/March/2017 in Myosre, India.
Interviewer: Yuki Sakuma & Sandi Rakh